中心として測定することで誰でも簡単にサイズを確認

ではその測り方はどのようにすればいいのかというところですが、ここでポイントとなってくるのが便座取り付け穴です。便座取り付け穴は便座のサイズの内側と外側を測定する際に起点となっているところなので、ここを中心として測定することで誰でも簡単にサイズを確認することができます。

サイズの違いを決めるのは便器の開口部分の大きさ

と言うのも、ウォシュレットにも実は色々なサイズが存在しており、便座サイズに見合ったものを設置しないとうまく取り付けることができないようになっているのです。このサイズの違いを決めるのは便器の開口部分の大きさとなっているので、開口部分の大きさを測定しておくことによってある程度サイズを確認することができるようになっています。

注意していただきたいのが便座サイズ

いまや家庭や色々なところで利用されることが多くなっているウォシュレットは、トイレに取り付けることができる装置の一つとして非常に人気が高くなっています。そのためトイレのリフォームの際に利用を検討される人も多いのですが、ここで注意していただきたいのが便座サイズです。

トイレつまり!

ウォシュレット機能が付いているタイプが多い

現在では、ウォシュレット機能が付いているタイプが多いですが、古くから使っているタイプですとウォシュレット機能が無い物があります。その為、新しく取り付けたい場合、ご相談下さい。トイレつまり トイレ修理ができる業者をおすすめします。また、設置するには、トイレの大きさや形状によって選ぶ必要があります。設置条件のご相談から取り付けまで請け負いますので、気軽にご連絡いただけると良いです。交換するには、専門的な知識や技術、そして工具類が必要になります。そこで、経験豊富な施工スタッフが多く在籍していますので、短時間で素早く交換する事が出来ます。設置後の動作確認まで確実に行わせて頂きますので、安心してトイレをお使い頂く事が可能です。また、出張費用等も安価な価格設定となっておりますので、取り付けにお困りになりましたらすぐにご連絡いただけると嬉しいです。以上、トイレのウォシュレット機能の取り付けをご検討されていらっしゃいましたら是非とも一報いただけると良いです。